【備瀬のフクギ並木】では、

「帰ってくる安心の場所」みたいなイメージが湧きました。

 

 

夜は神秘的だろうな~と月夜の様子が浮かんできました。

詳しくは、順を追って書いてみたいと思います。

 

 

【備瀬のフクギ並木】は本島北部の本部町にあります。

 

 

備瀬のフクギ並木は、美ら海水族館の近くにあります。

リゾートホテル群の近くで、エメラルドビーチ沿いです。

 

 

北部の海は本当にきれい!

空気も軽い!

リゾート気分を味わいたいなら、北部がお勧めです。

 

 

【備瀬のフクギ並木】に到着。

 

 

フクギ並木は無料駐車場完備!

シャワーもあります。

レンタサイクルもあり、自転車で並木道を回るのもよさげです。

 

 

 

 

早速、木々のアーチへ

お邪魔しま~す。

 

 

ここは観光地ですが、民家が塀代わりにフクギを植えており

古い街並み散歩といった感じ。

 

 

 

カメラを向けてないだけで、

昔ながらの家があり、普通に生活されています。

 

 

それにしても、雨上がりで土のにおいがすごい。

 

 

 

 

色々な鳥が声高に鳴いています。

ジャングルみたい。

虫もずっと鳴いてるし。

大地や緑で、酸素も湿気もむんむんです。

 

 

 

 

ひたすら道は続き…

 

 

 

 

巨大蜘蛛発見!

スパイダーマンやん。

 

 

 

 

おしゃれな写真館。

閉館中でした。

 

 

 

 

カフェもあるみたい。

それにしても、虫がすごい!

巨大な蜂がブンブン飛んでいます。

 

 

さて、良き所で土地に集中してみました。

 

 

【備瀬のフクギ並木】で感じたこと。

 

 

昼は太陽の海に出ていき

木陰のまちに帰ってきます。

漁に出て

町に出て

日焼けした肌で帰ってきます。

家族のいる

安心の場所。

 

月明かりで伸びた影

木々の影と

自分の影

葉っぱが揺れる

遠くのラジオ

どこかの家のお皿の音

 

人なのか

動物なのか

木々の気配か

見えない何か

と、ここまで書いて

大量のやぶ蚊に襲われ、海まで猛ダッシュです。

 

 

 

ほっ。

一安心。

脚かっゆ~。

 

 

海に足をつけてかゆみを抑えることにしました。

 

 

 

 

海人のおじさんが、網をぐるぐるしています。

とりあえず、海水で冷え~。

曇りなのに、透明度やばしです。

 

 

【備瀬のフクギ並木】で感じたことの続き

 

 

雨上がりで水たまりが多く、「やぶ蚊大量発生の巻」だったようです。

 

 

この日は曇りですが、普段は太陽ピカー!の沖縄です。

この並木道が、どれだけ人々をほっとさせてきたのだろうと感じます。

漁に出て、この木陰に帰ってくるイメージが湧きました。

 

 

あと、月夜のイメージも浮かびました。

木々の気配なのか、人の気配なのか?

振り返っても、誰もいない。

 

 

みたいなスリラー的な感覚です。

「ホテルハイビスカス」という沖縄の映画で、主人公の女の子が

魂を落とした場面を思い出しました。

魔物と人間の距離がとても近い感じ。

 

【備瀬のフクギ並木】に来た感想。

 

 

並木道の合間には、生活感のある家や

最近できたおしゃれカフェ・宿

などが交じり合い、いい感じで融合していました。

 

 

家の中からは、赤ちゃんの泣き声が聞こえ

この町で生まれ育つんだ~と、

うらやましいような、ほっこりした気持ちになりました。

 

 

家だけでなく、並木道全体が安心できるホームといった雰囲気。

次は、蚊がいなそうなときに来たいものです。

あと、この海で泳ごう!

 

 

ここは

  • 街並みを通じて異世界を感じたい人
  • 森好きな方
  • 鳥の鳴き声が好きな方
  • 並木道を散歩してみたい方

にお勧めです。