アマミチューの墓からは、ズバリ

  • コミュニティー
  • 温かいエネルギー
  • 男性的
  • 家族・親戚

などを感じました。

メッセージも頂いたので順を追って解説したいと思います。

 

 

アマミチューの墓は浜比嘉島の霊場

 

 

アマミチューの墓は、

うるま市の海中道路を渡った離島、浜比嘉島にあります。

沖縄の西海岸は、ザッ観光地!的な場所が多いですが

東海岸側はひっそりとディープな沖縄感が漂います。

 

 

浜比嘉島の景色

 

 

車を降りると、「ザ・島」な景色が広がります。

 

 

 

 

天気が良くて、気持ちがいい。

 

 

車も少なく、どこか懐かしげな雰囲気です。

アマミチューの墓到着!

 

 

歩いて数秒、アマミチューの墓到着です。

おじゃまします。

 

 

 

 

左側に歩きます。

 

 

 

 

沖縄らしい岩。

 

 

 

 

階段が見えてきました。

 

 

 

 

案内板によると

アマミチュー・シルミチュ―男女二神及び他の神が祀られている

とあります。

アマミチューだけのお墓ではないのかな?

アマミチューとは、アマミキヨ(沖縄の女神)のことなんかな?

 

 

 

 

お賽銭して、挨拶しました。

 

 

 

 

日差しが強いので、一旦影に避難します。

 

 

アマミチューの墓で感じたこと

 

 

アマミチューの墓では、まず岩から発するエネルギーを感じました。

色で言うと赤。

陰陽で言うというと、陽。

男女で言うと、男性っぽいです。

岩全体から、温かいエネルギーを発していて、

身体全体が温かくなるような感覚です。

このエネルギーは北部でも感じたことがあります。

沖縄特有のエネルギーで、濃い感覚。

エネルギー自体は、

野性味あふれる感じで女性っぽくもあり、

動物的でもある様な、独特の感じです。

 

 

書くかどうか迷いましたが… 正直、泥酔した男性の姿も浮かびました。この場所で酔っぱらった方がいたのか?鬱屈した感情の象徴か?はわかりません。シルミチュ―で感じたことにもつながりそうなので書きました。

アマミチューの墓から頂いたメッセージ

島の全員が家族、親戚でした。

助け合い、行事には話をして

ネットワークがつながっていました。

神や祖先は、家族同様に扱われ、集まりを楽しみにしていました。

子は育ったか?

あの子は嫁いだか?

遠くでも元気か?

あの子は帰って来たか?

島全体が家の様でした。

例え、遠くに暮らしても、元気かどうか気にしています。

子供が増え、元気な姿を見せてくれることが喜びです。

大人になっても、子供のように思っています。

その子供は、孫の様に思います。

元気な姿を見せてください。

 

 

まるで、親戚の集まりを楽しみにしている祖父母の様な視線を感じました。

子供や、孫の成長が純粋にうれしく、

集まることを喜んでいる感じです。

 

 

アマミチューでは岩から発するエネルギーを感じてみて

 

 

アマミチューの墓では、岩から発するエネルギーを感じやすいと思います。

手をかざすと温かい気がするなど、

感じようとしてみれば感じれる可能性が高いです。

沖縄独特のエネルギーを、是非感じてみてください。

 

 

浜比嘉島は海も、町ものんびりと穏やかな雰囲気です。

休みの日や、旅行中に是非訪れてみてください。